コラーゲンサプリ

コラーゲンサプリ(コラーゲンサプリメント)について。





美肌に欠かせない、コラーゲン。
軟骨とか手羽先とかにたくさん含まれてるけど、
コラーゲンを含む食品は動物性のものが多く
調理方法も、油を使ったギトギト料理が多いので
サプリメントで摂取した方がよい。
よく勘違いされがちだけれど、
食事やサプリメントで摂ったコラーゲンが
そのままお肌に到達するわけではない。
コラーゲンは、
体内でつくられるものだから。
コラーゲンサプリメントの本当の効果は、
コラーゲンを体内で生成することを
助けることにある。

・コラーゲンの体内生成に必要なもの。
コラーゲンはもともと肌に存在するけれど、
悲しいことに加齢で減っていく。
子供の肌がぷるんとしてるのに、
おばあちゃんの肌はシワシワでしょ?
加齢で減ってしまうなら、
補わなければならない。
コラーゲンは、体内合成もできるけれど、
加齢とともに体内合成の力が弱くなってしまう。
コラーゲンの材料となるアミノ酸と、
ビタミンCをしっかりと
食事やサプリメントで摂り、補うことが必要。

・コラーゲンと美肌効果のしくみ その1。
食べたコラーゲンが、そのままの形で
お肌に到達して、お肌が若返ると思われがちだけれど、
そうではない。
コラーゲンに多く含まれるペプチド
(アミノ酸が数個結合した物質)
には、体内で、傷ついたところや老化したところに
生体を修復する役割のある繊維芽細胞を呼びよせて、
お肌や傷を修復させる働きがある。
お肌が老化しているところに、繊維芽細胞が
呼びよせられて、繊維芽細胞がコラーゲンを生成し、
お肌を修復してくれてプルプル効果があるんだ。
コラーゲンが、そのままお肌に使われるわけでは
ないんだね。

・コラーゲンと美肌効果のしくみ その2。
その1での説明のように、
摂取したコラーゲンがそのままの形でお肌まで
到達するのではない。
コラーゲンはタンパク質。
タンパク質は、アミノ酸がいっぱいつながった
とても分子量の大きな物質です。
体に吸収されるときには、消化されて
アミノ酸やペプチド(アミノ酸が2、3個つながった物質)
に分解されてしまう。
一度、コラーゲンは壊れてしまうってこと。
コラーゲンが分解されるときに、
コラーゲンの組成のアミノ酸である
ヒドロキシプロリンができる。
ヒドロキシプロリンは、細胞の働きを活発にしてくれるので
お肌の代謝も上がり、再生が促進されるというわけ。
アミノ酸まで分解されたところで、
ようやくコラーゲンは美肌に役立つ形になる。

・コラーゲンとビタミンC。
コラーゲンとビタミンCの組み合わせ、よく聞くよね。
ビタミンCは、コラーゲンの体内での合成に欠かせない。
コラーゲンのサプリメントを摂るときは、
必ずビタミンCも一緒に摂取しよう。
ビタミンCを食事から摂るなら、
ピーマンやブロッコリー、かんきつ類などを食べればよい。
ビタミンCをたくさん含んでいます。
ビタミンCには美白効果もあるので、
二重におトク。

・コラーゲンをサプリメントで?化粧品で?
コラーゲンはお肌に作用して美肌に導くための成分なので、
サプリメントではなく、お肌に直接塗った方が
効率がよいのでは?と思ってしまう人もいると思う。
化粧品でも、コラーゲンが配合されたものはたくさんある。
でも、コラーゲンは分子量が大きいタンパク質だから、
お肌に塗っても、真皮まで到達できない。
分子量が大きい物質は、異物とみなされて真皮まで
到達できないから。
化粧品でコラーゲンをお肌に塗っても、
表皮にとどまってしまって終わり、ということ。
コラーゲンを表皮に塗っておくと
外からの刺激をやわらげてくれるので、
保湿効果はある。
普通の保湿成分と同じということ。
でも、真皮にグングン到達して、お肌を若返らせてくれる
ワケではない。
コラーゲンを化粧品で摂るのはムリなので、
サプリメントで摂ろう。




よろしければ(^-^*)
人気ブログランキングへ

posted by ako [2009/07/02/22:32] | コラーゲン